So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 ファイナルでマレーに圧勝! 松岡「圭はオレの師匠」 [スポーツ]

ATPツアーファイナルで錦織圭選手がアンディ・マレー選手に圧勝した
錦織圭選手を育てた松岡修造氏がテレビの取材で
錦織圭は自分の”師匠”だと言っている

2014-11-11 19.04.10.jpg

錦織圭選手は2011年松岡氏の主催する「修造チャレンジ」に参加
当時小学6年の11歳だった
松岡氏はキャンプに参加したメンバーに対し

「君たちの夢の手助けをしたい」としながら

ひときわ小柄の錦織に注目していた

体は小さい、メンバーの中で体力も無かったと言われた錦織圭選手
しかし抜群の技術力がある事を松岡氏は見抜いていた

事実、錦織選手は松岡氏の指示で4歳年上の高校生と対戦し見事勝利している

しかも、当時松岡氏自身も錦織選手と対戦して負けた事を明かしている

「11歳からテニスを教えてもらっていた」と語る松岡氏
小さな体から繰り出されるテニスは見たことのない”コース選択・ショット”だったという

「死ぬまで会う事のない逸材・才能」
「11歳からテニスを教えてくれた、圭は僕にとって師匠だ」

松岡氏は錦織圭選手の底知れない可能性に心の中で「師匠」と認めていた

そしてその可能性を開花させるため松岡氏は全力で錦織選手を鍛え上げる

「自分の思ったことを上手に表現できない」

11歳の少年ならそんな珍しい事ではないと思えるのだが
松岡氏は錦織選手が今後世界で戦ううえで障害になると考えた
そして徹底的に「自己表現」ができるよう指導

あえて無理難題を押し付け、ダメ出しをし「自己表現」を叩き込んだ

13歳になってアメリカで試合をした錦織圭選手
渡米するとき錦織選手は松岡氏に
「表現すること、絶対にやってきます」と約束したという

そしていま、錦織選手は抜群の表現力ができるほど成長している
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。